会社案内の最近の記事

経済産業省が推進する中小企業向けITサービス「J-SaaS」(http://www.j-saas.jp/)が2009年3月31日よりスタートいたしました。

「J-SaaS」は主に中小企業を対象に、財務会計などバックオフィス業務から電子申告までを一貫して行える、便利なワンストップサービス(SaaS活用型サービス)です。

 この度、「J-SaaS」を普及すべくパソコンを使用した実機研修が全国にて実施されます。J-SaaSの操作方法や各アプリケーションを説明し、実際に触れていただくことで、J-SaaSの利便性などを広く知っていただこうというものです。この操作指導を行う「J-SaaS操作指導員」に登録されました。

弊社では、今後関西地区において以下の普及研修を行っていく予定です。(いずれも研修参加費は無料です)

 ・教材を活用した、J-SaaSの背景、概要等の説明
 ・教材を活用した、J-SaaSの活用事例の説明
 ・パソコンを活用した、会員登録までの操作方法の説明
 ・サービス購入操作説明
 ・サービス事業者が提供する教材を活用した、個別サービスの操作方法の説明


研修日程・内容につきましては現在関係各社と調整中ですので、今しばらくお待ち頂きます様お願いいたします。

尚、10社以上が集まる会議・催しにてご要望がございましたら随時開催する事も可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

また、それに伴い、2009年8月にCSAJ準会員として登録いたしました。
CSAJは、コンピュータソフトウェア製品に係わる企業が約500社集まり、ソフトウェア産業のために様々な活動を行なっている経済産業省認可の公益法人です。(http://www.csaj.jp/)

弊社では、今後も「神戸を元気にする」をキーワードに中小企業の支援をしていく所存ですので、
変わらぬご指導ご鞭撻をお願いいたします。

RAS(アール・エー・エス)

■ビジョン(経営理念)
 『神戸を元気に!街を元気に!お店を元気に!そして当社に関わる全ての方が幸せなライフスタイルを持てるように』

 

 

○社名の由来

コンピューター用語の頭文字を取ったものに次のようなポリシーを含めています。
一度お取引頂きましたお客様から長年多数のご依頼を頂けているのは、下記ポリシーのもと、真摯に取り組んでいる証拠でもあります。


Reliability リライアビリティー 信頼できる

機器は故障がつきものです。壊れない機器などありません。また、ソフトの不具合はご利用される方の使い方に起因する場合が大いにあります。アール・エー・エスはユーザーの操作方法の改善や事前対策により、故障する頻度を下げ、快適にお使い頂けるようお手伝いをすることが出来ます。


Availability アベイラビリティー 利用できる

機器やシステムが壊れてしまっては、業務が出来ないというお客様も少なくありません。いつでも安心して使って頂けるよう、壊れたときにどのように復旧するか・業務に受ける影響を少しでも軽減するために、事前に対策を取ることは必須です。アール・エー・エスと長くお付き合い頂ければ頂くほど、ユーザーの使い方や機器の耐用年数などからより良い方法を提案でき、いち早く復旧作業に携わる事が出来ます。


Scalability スケーラビリティ 拡張できる

特定のメーカー・システムに依存されず、お客様にとって良いものを拡張する。時には業務の効率化や新事業の提案など、インターネットというツールを活用した業務の拡張性まで考えます。アール・エー・エスは特定企業との資本関係は一切ありませんので、お客様にとって本当に良いもの・利用できるものを柔軟に取り入れることが出来ます。

 

○なぜ合資会社なのか

 会社の経営責任者は社長であって、中小企業の全ての成果は社長が責任を持つべきです。社長が責任を持つと言うことは、全ての取引を把握していなければいけないのです。ところが実際、社員が10名以上いる会社の社長は取引先の担当者をしらない事がほとんどです。それどころか、インターネットを介して「人と人との信頼関係」が築けていない企業と取引をし、自社のリスクを減らした上で知識の無いままお客様に販売していることも珍しくありません。
食の安全性や製造物の信頼性を失う事件が数多くの企業でおこなわれているのは、人として責任を持たない・持てない環境で仕事をしている方が多すぎるからではないでしょうか。

弊社はコンピューターサポートというサービス業をおこなっておりますが、提供するものは薄利多売ができる商品でもなく、人と人との信頼の上スキルや時間を売っているわけです。そんな企業が責任を放棄できるわけがありません。

合資会社とは「無限責任社員=社長」が仮に会社を解散しても一生責任を持つという会社形態です。
資本金0円で株式会社が持てる時代に、無限責任を負って仕事をする決意を感じて頂ければ幸いです。

個人情報保護方針
合資会社アール・エー・エスは、お客様の個人情報を取り扱う業者として、その情報保護は重要な責務であると認識しており、これを確実に実践していくために個人情報保護に関する方針を以下の通り定め、従業員への周知徹底を図り、社会的な期待と信頼にお応えできるよう勤めております。

●収集する個人情報について
弊社が業務遂行時にお伺いする個人情報は以下の通りです。
1. お名前・ご住所・連絡先などお客様の所在に関する情報(収集後弊社にて記録)
2. パソコン・周辺機器型番などお客様の所有物に関する情報(収集後弊社にて記録)
3. プロバイダなどお客様の通信回線(電話・インターネット等)及びパソコンに関わるお客様のご契約内容に関する情報(当日の作業終了後破棄)
なお3項につきましては、訪問後のアフターサポート・保守契約等をご要望の場合のみ弊社にて記録する事とし、お客様の許可無く持ち出す事はございません。

●個人情報の利用について
弊社では、お客様にパソコンサポートやそれに付随する各種工事などのサービスをご提供する際に必要となる個人情報を、弊社取引先やサービスご依頼者よりお預かりし、その遂行に必要な範囲において適正に利用いたします。

お客様よりお預かりしている個人情報は下記目的にて取り扱わせて頂きます。

1. 弊社サービスを遂行するため
2. 弊社サービスレベルの維持向上を目的とし、調査及び分析を行うため
3. 弊社又は他社の商品・サービス等の情報をインターネット、電話、郵便等によりご案内するため
4. 弊社サービス提供後、お客様からのお問合せへの対応をおこなうため

●個人情報の第三者への開示について
お客様よりお預かりしている個人情報は、以下の場合を除き第三者への開示は致しません。
1. お客様の同意がある場合
2. サービス遂行を目的として弊社契約の業者へ業務を委託する場合
3. 法令に基づく開示要求がなされた場合

●ご本人様への弊社保有個人情報の開示について
お客様もしくはその代理人より当該個人情報について内容の照会・訂正・削除を求められる場合は、お客様の権利を尊重し、以下の場合を除き必要な対応をおこないます。開示方法は下記弊社所在地にて運転免許証など公的機関発行の証明書の提示、代理人の場合はさらにご本人自筆署名の入った委任状の提示をいただいた後、原則書面によってのみおこなうものとします。その際、開示手数料としてご依頼内容一件毎に1,050円(税込)を現金にて申し受けます。
1. お客様本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
2. 弊社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
3. 法令に違反することとなる場合

●個人情報の管理について
弊社では、お預かりしている個人情報を厳重なセキュリティ対策を講じて適正に管理し、データの紛失・破壊・改竄・漏洩および不正アクセスなどに対する予防を随時おこなっております。

●個人情報保護への取り組みについて
弊社では個人情報の管理方法についてガイドラインを定め、定期的な社内研修をおこなうことにより情報保護意識の向上に努めております。また、委託先業者についても同様の研修を定期的におこない、弊社サービスを提供する者すべてが個人情報を適切に扱うよう徹底しております。


●個人情報保護方針の改訂
本個人情報保護方針はより良いものにするため都度改訂をおこないます。最新の方針は弊社WEBサイト http://www.rascorp.jp/kojinjoho.html にて周知致しますので、改訂された方針に同意できない場合は
ご連絡頂ければ弊社が保有するお客様の個人情報を利用停止・廃棄等によって適切に対応いたします。

合資会社アール・エー・エス
神戸市灘区深田町2-3-5 清水ビル3F
TEL:078-858-4688
統括責任者徳 孝一
平成17年 1月 1日制定
平成18年 3月 3日改訂

○著作権・肖像権について
合資会社アール・エー・エスは、継続的にコンプライアンス体制の整備・強化に取り組んでおります。
当ウェブサイトにおきましては、主に著作権物の引用・掲載について細心の注意を払って参りますが、日常の風景を撮影した写真・動画や作業の記録写真等に肖像権者の許諾を取れていない個人・建造物・製品が含まれる可能性がございます。問題が生じている場合、大変お手数をお掛けいたしますが、お問い合わせフォームよりご連絡をお願い致します。

○リンクポリシー
・他サイトより弊社へのリンクについて
当サイトへのリンクは原則自由です。よろしければ掲載されましたサイトをお問い合わせフォームよりお知らせ頂けますと大変嬉しく思います。

・リンクの際のお願い
弊社へのリンクは、基本的にトップページ( http://www.rascorp.co.jp/ )に対してリンク設定していただくようにお願い致します。

基本的には画像ではなくテキストリンクをお願いしております。

テキストリンクの際はアンカーテキスト 「神戸を元気に! 中小企業のIT戦略コンシェルジュ 合資会社アール・エー・エス」にリンク( http://www.rascorp.co.jp/ )をお願いしております。文字数が多く、収まらない場合は「合資会社アール・エー・エス」として頂くか、その他テキストをお使い下さい。

・弊社サイト内より他サイトへのリンクについて
当サイトでのリンク掲載は、関連団体・人物、企業に関しては事前申請なく掲載しております。問題がございます場合はお問い合わせフォームよりお知らせ下さい。削除・訂正いたします。
当サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は各自の責任で行っていただきますようお願いいたします。リンクされている http://www.rascorp.co.jp/ 以外の関連団体・人物、企業サイト等、弊社と運営責任者が異なるサイトにつきましては、それぞれの運営者の責任によって運営されております。弊社は内容について何ら責任・関与をいたしておりませんので、内容の正確さ・違法なものでないこと・不快な内容でないこと・閲覧者が意図しない情報でない事は一切保障できませんので、予めご了承をお願い致します。

沿革

| コメント(0) | トラックバック(0) v

1999年9月 

個人事業R@S開業 主に神戸の有名家電販売店の訪問サポートに従事。その時お世話になったのは現在おちゃのこネットを運営されております岡野社長でした。

まだまだウインドウズ95・98のパソコンでダイヤルアップでの接続設定・プロバイダオンライン申込代行・TA(ターミナルアダプタ)など周辺機器の設定などが多い時代でした。

今のパソコンのように、簡単にインターネット設定ができず、お困りのお客様も多く、お伺いすれば快く接して下さり、インターネットの素晴らしさ・楽しさをお伝えすることが出来る、非常にやりがいを感じた時代でもあります。

ちなみに当時ダイヤルアップでのインターネット接続設定+レクチャー30分程度でお客様価格¥18900円程度しました。
ご指名を頂き何度か訪問させて頂いたお客様もいらっしゃいましたが、契約上販売店としての立場でお伺いさせて頂いておりましたので、ご挨拶もできませんでした。お客様にはこの場を借りてお詫び申し上げます。

 

 
2001年2月 合資会社アール・エー・エス 設立
某大手通信会社の要請により、法人化をすることに。この頃はプロバイダの有料訪問サポートが主流になり、訪問サポートも低価格化・価格競争の時代になりました。(この頃、インターネット接続設定がお客様価格¥12000円前後だったと思います)

日本のパソコンの代表格であるメーカー系のプロバイダ設定サポートや、大阪の大手流通会社などの訪問サポートをおこなっておりました。

また、法人案件も多く、関西でご活躍の通信機器販売店の店舗監視用WEBカメラの設置・設定(10店舗)やWEBサイトの製作、法人様の社内ネットワークの改善、大学情報処理教室のハードディスク総入れ替え、大手フランチャイズショップの店内サーバー機のバージョンアップ作業、銀行基幹システム入替に伴うクライアント機の設定など、東京の会社とお取引させて頂く事になった事により様々な案件に携わることができました。

後半には某大手ショッピングモールのパソコンセット案件(パソコン+プリンタ+ラック+訪問サポートで10万円(だったかな?))で淡路島・徳島・愛媛・岡山・島根・等々様々なエリアに訪問する事ができました。勿論交通費は別途請求でしたので、旅行気分でわくわくしながら訪問していました。祖谷温泉がとても気持ち良かった事を覚えています。

2002年 大阪に進出された大手販売店の訪問サポートを担当できる事になり、業務委託スタッフの募集をおこない始めました。が、訪問サポートを大学生の家庭教師と同等と考え応募される方が多く、殆どが使い物にならない状態でした。トータル100名以上面接しましたが、パソコンの事が好きといった方ではなく、人と接するのが好きなサービス業としての適正を持っている者を重点的に選びました。

XPのパソコンやADSLがだんだん定着しだした頃で、お客様の中にもご利用される方が増えてきだしました。

また、他業種から副業で始めてみたいと仰られる方も多数おられました。その中の一人は、現在電話工事も出来る資格を取り、別業種の社長もされながら、訪問サポート・工事でご協力頂いております。

夏には業界初の無料訪問サポートが開始され、価格競争に一層拍車がかかりました。弊社はその無料サポートを担当させて頂く事ができ、業績が伸びた時代でもありました。

 2003年 プロバイダの無料サポートが拡大し、販売店のサポートは殆どなくなってしまいました。社内スタッフと業務委託スタッフ合わせて20名を超えるようになり、1000件/月の訪問をこなすようになりました。

その中で、無料サポートでは対応できない、顧客重視のサポートが出来ない事、現在の件数をさばく事に精一杯で、社内、訪問スタッフ共に心身両面から疲れ・違和感を感じていました。
業務委託スタッフの中から、数名が社員になり、お客様が喜んで頂ける姿を励みに頑張ってきました。

 2004年 3ヶ月毎のキャンペーンの切り替えによって、無料訪問サポートがなくならないかどうか・・・。そんな事ばかりを考えていました。反面、無料サポートというものが、お客様の中で2極化するという状況が顕著になった事もあり、このまま業務を続けることに葛藤する日々でした。

具体的には「無料当然・当たり前・私の都合に合わせて来い」というお客様と、「無料でこんなにして頂いてありがとう」というお客様です。弊社では「お客様自身が電源を入れ、ホームページが見れること、メールが受信できること」を完了用件としてきました。ですので、全くの初心者の場合、説明に30分~1時間掛ける事もありました。勿論無料サポートの範疇外の事です。

そのようなサポートをしていると、前者の方でも訪問後には(おもしろいように)大変快く接して頂けるようになりますから良いのですが、アポイントの時は容赦なく私達に「いつまで待たせるんや(申込から開通までが時間掛かっていて、依頼が来たのは今日なのですが・・・)はよ来い!(工事日が過ぎてませんが・・・)」といった剣幕で来るのです。

それも、アポイントの順番待ちをしているお客様を差し置いて、取引先から「先に対応してくれ」と流れてくるものですから、黙ってお待ちのお客様が順番抜かしに会うという、筋の通らない事が行われる訳です。取引先とも何度も話し合いましたが・・・。
2002~2004年まで、休みもままならず、日々お客様対応に追われ、ぼろぼろでした。

2005年 昨年秋頃に新しいサービスを2005年から提供するという発表があり、全体的にADSLの加入者数が減少に向かいました。そのため、依頼が極端に少なくなり、休みが定期的に取れるようになってきました。

最初のうちは少し喜んでいた部分もあったのですが、別の展開も考えなければいけないと言う事で、今後は下請けではなく、弊社の名前で出来ることをやろうと、プロバイダの加入取次(勿論加入後のアフターサービスまで一貫して対応できることを前提に)、ネットワークカメラ(店内監視用や動態検知を使って入退室の把握など)の販売設置、WEBサイト製作・PC販売など、様々なトライをおこなってきました。

勿論どれも日々の業務の中で直接お取引のある方からの要望で対応済みのものですが、一般顧客・新規顧客の開拓のために、そのようなソリューションを提案するといった形は初めてでした。基本的に弊社社員は信念を持った?技術屋集団でしたので、営業に関しては全然駄目で、良い経験になったかな?くらいの成果でした・・・。

春先にケーブルTVの無料設定をさせて頂ける事になりました。これは、今までのようにプロバイダ名でお客様宅にお伺いするのではなく、弊社の名前でお伺い出来、後日のアフターサポートを直接有料で提供して良いという条件でしたので、ようやく本来のサポートが展開できる、非常に嬉しい成果となりました。

秋には3年続けていた方の取引を終了する事になり、弊社社員が1名取引先に受け入れて頂く事になりました。もう1名は将来の目標の為に別会社に転職することになりました。今も2名ともそれぞれの立場で頑張っている事と思います。

2006年 規模は小さくなりましたが、大手PCサポートが出来ない
「地域密着・メニューにないサポート」が出来るように。
内容以上に私個人を買って頂けるように、サポートという仕事に携わろうと思っています。

弊社業務委託スタッフは担当エリアが決まっており、そのエリア内でお客様からの信頼を得られるように、直接の受注が増えるように、お互いが協力の上、提携していく所存です。 

2007年 お店や中小企業の定期訪問プランを設けました。毎週1回定期的な訪問をするなど、深く関わることができれば、それだけ提案できる内容も増えていきます。自社ドメインを取得されていない方には、まず自社ドメインを取得頂き、WEBサイト作成、求人サイトの利用、社内管理システムの導入、商品販売サイト運用など、どんどん広げていく事ができます。社内の人材は社内でしか出来ない仕事だけに使い、アウトソースを効果的に活用することが成長の秘訣だと思います。

2008年 新たな年にWEBサイトの更新を請け負うサービスを開始いたします。更新されていないWEBサイトほど損をしている事はありません。サイトを公開しているのであれば、例え1店の店主であっても、地域の中小企業であっても、営業をしているという事は、何らかの情報を外部にアピールしなければいけません。ところが、日々の業務に追われ、更新が数年滞っているサイトも少なくありません。定期的に「何を更新すれば良いのか」「どんな内容を入れればよいのか」を提案し、実際のアップロードや作成を請け負うというものです。

2009年 10年目に突入し、大半のお客様が商店・法人様に移行する中、当初より贔屓にして頂いている方からのご依頼は本当に嬉しく、有難いものです。これからも精進するとともに、変わらない事が大事な要素は残しつつも、常に新しいものを求めて変わっていくことをためらわないようにしたいと思います。

会社概要

| コメント(0) | トラックバック(0) v

合資会社アール・エー・エス

所在地:神戸市灘区深田町2-3-5 清水ビル3F

代表者:無限責任社員 徳 孝一

連絡先:078-858-4688

営業時間:平日午前10時~午後5時(事務所対応時間)

設立:1999年創業 2001年法人登記

所属団体:神戸商工会議所 神戸青年会議所

主要取引銀行:三井住友銀行 六甲アイランド支店

顧問税理士:北崎税理士事務所

パートナー契約企業:

 NTTテレポケット店 ( ADSL 光ファイバー各コース(光プレミアム Bフレッツ 光ネクスト) 光電話) 

 NTTコミュニケーションズ ( OCN インターネット契約)

 エスパー株式会社 ( PC-POS ハンディオーダーシステム 券売機)

 サンスイ株式会社 ( グループウェア 7Days )

 レノボジャパン ( PC機器 )

 GMOインターネット株式会社 ( ドメイン サーバーホスティング )

 マイクロソフト登録メンバー

 トレンドマイクロパートナー

 

主要取引先(順不同・敬称略):マイクロソフト株式会社 NTT西日本兵庫株式会社 株式会社サンスイ GMOインターネット株式会社 USEN株式会社 トレンドマイクロ株式会社 関西ブロードバンド株式会社 株式会社バッファロー 大手家電販売店各社 ケーブルテレビ各社 兵庫県・大阪府の各社(ソフト開発会社・飲食業・販売業・塾・製靴業・車修理業・工事業・建設業・造園業・歯科医院・眼科医院・総合病院・医療機器販売店・貿易業・士業・医療法人・財団法人・社団法人・投資家など多数)

 

がんばろう!神戸

Powered by Movable Type 4.25
インターネット安全教室

このコンテンツについて

このページには、過去に書かれた記事のうち会社案内カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはお客様別です。

次のカテゴリは提供サービスです。

最近のコンテンツはTopページで見られます。過去に書かれたものはここで見られます。