提供サービスの最近の記事

弊社が創業した10年前から、グループウェアというものがどんどん社会的地位を確立してきたことはご存知の通りだとおもいますが、本当に活用できているのかという点とグループウェアを導入すれば効率が上がるのに、導入できていない所が非常に多いなぁと感じております。

それには、導入に当って
 ■使い方を具体的にイメージ出来ない
 ■どこのグループウェアにしたら良いか
 ■自社サーバーかホスティング(レンタルサーバー)か
 ■導入設定や各種設定変更が解らない
といった点において障害になっているようです。

一つ一つの要素について、当社の見解を簡単にご説明いたします。

●使い方を具体的にイメージ出来ない

グループウェアというものは簡単に言えばスケジュール管理を主にしたデーターベースの塊です。何をするにも日時というものは関わってきます。だから皆さんスケジュール帳で管理をする(していた)のですね。スケジュール帳が拡張してシステム手帳になり、取引先などの住所・連絡先から、取引先との商談メモまであらゆるものをシステム手帳に依存してきたのが今までの主流でした。

 グループウェアというのは、それらの機能を網羅した上で他者(会社という法人の予定、上司・同僚・部下などの社員の予定、部署の予定、あるいは取引先の予定までも)を全て同じところに整理し、権限を与えることによって全員の予定を共有することが出来るようになります。これが広がると、打ち合わせや会議の日時調整や自分以外の人の予定確認、仕事の進捗など、今まで電話連絡などをして確認しなければいけなかった事がリアルタイムに判るようになります。あえてリアルタイムと書きましたが、本人が情報更新すれば瞬時に反映される訳ですから社内に置いてある行き先表などのホワイトボードなどに比べると情報の正確性は比にならないのがお解かり頂ける事と思います。

 最大のメリットとしては上記に書いた「他者とのリアルタイムスケジュール共有」ですが、これはお店などのシフト管理などでも役に立ちます。10人以下の勤怠管理なら、まずは http://groupware.feedpath.co.jp/calendar/index.html などで無償でおこなってみましょう。これは社内設備/施設の予定を登録することも可能になっているのですが、お店のテーブルNoなどを登録しておけば、予約管理などにも使えてしまいますね。

 個人客を沢山抱えている企業は、その方の購買履歴や対応記録などどのように管理するでしょうか?エクセルファイル? アクセスのデーターベース? 今まではそれらの方法が主流だったと思います。しかし、対応した日付や担当者で把握したり検索したりすることは、グループウェアでも十分出来るんですね。社員には日報代わりに当日の作業記録を入力してもらったり、お客様ごとに対応履歴などを入れておけば、全て検索で一覧表示できます。

 社員が使い方に慣れれば、電話が掛かって来ても即入力などできますから、担当者以外の誰が対応したかなども全て記録に残すことができるようになります。

 インターネットを通して外出先からでもアクセスできるようにしておけば、携帯やiphoneなどから簡単に閲覧・変更できますので、本当にスケジュール帳いらずですね。


●どこのグループウェアにしたら良いか

 小規模でまず使ってみるならフリーのものでも問題ないでしょう。が、いずれ変更するならデーターの蓄積なども踏まえて選定しなければいけないと思います。

 他社や他団体との連携などを行うのであれば、7daysというグループウェアが有効です。立場切替機能というのが唯一付いているのが特徴で、商工会議所・経済同友会・JC(青年会議所)など、いろいろな団体に所属していると、自分自身としてはそれらのスケジュールが同一画面で見れるのが良いのですが、各団体別にグループウェアを持っていた場合、違う予定表が出来てしまいます。それらを「公開できるスケジュール」は公開しつつ「公開できないスケジュール」は公開しない。また、「こことここだけ公開してここには公開しない」という事が確実に出来るのが非常に便利です。しかも、1団体の1ユーザーにつき1000円という価格なので、取引先と同時に導入してお互いが月2000円ずつの負担でどんどん他社と連携することが出来ます。

 税理士さんや顧問弁護士さんなどとのやり取りやスケジュールの把握などに使うと大変便利になりますね。

 サイボウズやGoogleカレンダーなども使い方によって有効だと思います。先ずは自社の実務を把握して、それに沿ったツールを使うことが最大の効果を引き出すことになりますので、弊社にご相談頂ければ御社に合うものを提案させて頂くことが出来ますので確実です。


●自社サーバーかホスティング(レンタルサーバー)か

 定番のサイボウズは各種機能が豊富なのと、直感で使いやすいインターフェイスを持っているので、多くの中小企業で導入されています。が、中小企業というところがミソで、社員が少ない企業やお店が使い出すには、まだまだ敷居が高くなっているのも確かです。サーバーを自社で確保するかレンタルにするか、ソフト(サイボウズ本体)も購入なのか、サーバーとセットでレンタルするのかなど、ある程度導入経験が無いと余計にコストが掛かってしまいます。

 

●導入設定や各種設定変更が解らない

 機能の名称やマニュアルなどを見ても、本当に業務に即した使い方が出来るわけではありません。いくら導入の敷居が下がったとはいえ、有効に使うには経験も大切になってくると思います。あなたが大企業を経営しているのなら、IT担当社員を雇い経験させることによってどんどん良くすることは可能でしょう。が、WEBデザイナーに兼任させる事で効果が上がると考えるのは早計です。特にグループウェアの運用については、御社の実務に沿った形にしなければいけないため、会社組織としての経験も重要になってくるでしょう。これらを短期間に安価なコストで解決するには、やはり弊社のように経験のあるものに委託するのが適していると思います。

 興味をもたれた方は先ずは弊社にお問い合わせフォームにてお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

経済産業省が推進する中小企業向けITサービス「J-SaaS」(http://www.j-saas.jp/)が2009年3月31日よりスタートいたしました。

「J-SaaS」は主に中小企業を対象に、財務会計などバックオフィス業務から電子申告までを一貫して行える、便利なワンストップサービス(SaaS活用型サービス)です。

 この度、「J-SaaS」を普及すべくパソコンを使用した実機研修が全国にて実施されます。J-SaaSの操作方法や各アプリケーションを説明し、実際に触れていただくことで、J-SaaSの利便性などを広く知っていただこうというものです。この操作指導を行う「J-SaaS操作指導員」に登録されました。

弊社では、今後関西地区において以下の普及研修を行っていく予定です。(いずれも研修参加費は無料です)

 ・教材を活用した、J-SaaSの背景、概要等の説明
 ・教材を活用した、J-SaaSの活用事例の説明
 ・パソコンを活用した、会員登録までの操作方法の説明
 ・サービス購入操作説明
 ・サービス事業者が提供する教材を活用した、個別サービスの操作方法の説明


研修日程・内容につきましては現在関係各社と調整中ですので、今しばらくお待ち頂きます様お願いいたします。

尚、10社以上が集まる会議・催しにてご要望がございましたら随時開催する事も可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

また、それに伴い、2009年8月にCSAJ準会員として登録いたしました。
CSAJは、コンピュータソフトウェア製品に係わる企業が約500社集まり、ソフトウェア産業のために様々な活動を行なっている経済産業省認可の公益法人です。(http://www.csaj.jp/)

弊社では、今後も「神戸を元気にする」をキーワードに中小企業の支援をしていく所存ですので、
変わらぬご指導ご鞭撻をお願いいたします。

社員個々のITスキルはどれくらいあるかご存知ですか?
PCをコントロールして使っていますか?
あなたの会社の社員は、知らない間に会社の評判を落としているかもしれませんよ。

たかがメールと侮るなかれ。
メールが適正に処理出来ない人はこう見られます。

・仕事がこちらの思うように進まないかも
・ほうれんそうが出来ない人なのかも
・情報の取り扱いに不安を感じる(漏洩されるかも・・・)
・ウイルスをばら撒かれるかも

信頼関係が築けなければ、安心して取引が出来ないですよね。
先方はわざわざITマナーまで指摘してくれません。

それとも今後もFAXと電話で仕事が出来るところとだけ取引しますか?


下記を理解出来ずにPCを使っている方は要注意!!!

機種依存文字
HTMLメール
CCとBCCの違い
添付ファイルを沢山付けて送る
受信箱に沢山メールがたまっている


アール・エー・エスは画一的な講習会ではなく、個々のPC環境・使い方を確認しながら、
一人ずつまたは部署毎にアドバイスすることが出来ます。


判らないから使わないではなく、問題点を知って、自分を見つめ、コントロールできれば、
あなたにとって・会社にとって、ジェット機よりも便利な道具になるかもれません。

○当社がお役にたてること

・出店の補佐をし、開店させること(環境構築、指導等)
・売り方を考え実践すること(コンテンツの充実(文章・写真))
・広告宣伝を考え、アドバイス・実践すること

最初は500円/月のシステムを利用し、まずは始めてみましょう。

ただし、本気で考えない方は必ず失敗します。コストが掛からないと考える方は必ず失敗します。実店舗を構えるのと同じように、下記の費用が掛かります。

●店舗を持つ際に必要な経費 ⇒ ネットショップ構築の経費
   物件取得費         ⇒ ドメイン・サーバ維持管理費
   設備・内装費        ⇒ WEBサイト制作費
   看板・販促費        ⇒ Y登録、PPC広告、検索サイト対策
   開業前人件費        ⇒ 操作講習
   店舗人件費         ⇒ 更新費用

 

始める際にまず考えてください。

○ネットショップに掛ける予算はいくらか(製作費/初回・運営費/月・人件費/月=年間経費)

○目標とする売上(月商(4半期毎に)・年商)・原価率

○販売戦略 商材毎・ターゲット毎(顧客向け・販売店向け)に売り方や特典などを考えます。

これらは当社と相談しながら進めていくこともできます。

○WEBサイト製作によって

・時代はWEBで情報収集する事が必須になっています。会社名を検索して情報が出てこない企業は信頼性に欠けると思われる方が大半です。なぜなら検索で上位に出てくるということは、それだけ仕事に対しても真摯に取り組んでいると思われるからです。会社が存続するためには取引の拡大は重要なウェイトを占めますが、検索上位に出てくると言うことは、それだけ他社との繋がりも深いという要素も含んでいると考えられます。会社の営業年数とWEBサイト開設からの年数は長ければ長いほど信頼できる要素が多いと言うことです。また、一番といっていいほど安価な販促ツールも駆使できない企業の商品には広告宣伝費が過分に掛かっていると見られることも考えられます。

・会社概要や営業品目を掲載するだけでも、今まで知らなかった方に対し24時間PRが出来ることになります。また、地域の方ばかりでなく海外の方に対しても同じようにアピールが出来るのです。顧客として外国人がターゲットにならなくても、外国に滞在する日本人ではどうでしょう?仕入先としてはどうでしょう?人材としては?現状の業務では考えられなくても、新しい展開が生まれたり、情報を入手することも可能なのです。

・必要なときに必要なだけ情報を発信することが自由に出来るツールです。活用しなければもったいない!!

○当社がお役にたてること

・ホームページを持っていない企業・活用できていない企業において、効果を体感できるホームページを製作すること
・「ホームページ」を「WEBサイト」にすること
・社長にWEBサイトの活用方法を教え、業務体質の改善や新規販路開拓・対象顧客の拡大・スキームを変えることにより売り上げを上げるとともに、ITを有効活用できる基盤を作り業務手順など効率化を図ること

○製作料金

あなたの言い値で製作します。ただし次の方の依頼はお断りします

■当社ポリシー、サイトに書いてある内容を読まず連絡してこられる方
■相見積を前提とした方
■弊社利益を考えない金額を提示される方
■経済観念の乏しい方
■本気でやるつもりのない方
■経営者が協力する気のない方

着手金として50%の事前入金を頂いております。

「ホームページの見積もりをお客様に出して頂く」
ホームページの見積もりをお客様自身に出して頂く事のメリット
 ・相場や価値観を一致させ、お互いが納得の上仕事ができる

○WEBサイトで目的を達成するために

[社長がやる気になること]
どれだけ「やる気(本気)」があるかによって、成果がかわってきます。
私達コンサルタントがどれだけお話しても、
「なんとなく世間の流れがそうなのでやってみようかな?」
「オレは無理だから、ウチの若い社員に任せるよ」
という考えを持っている社長!
非常にもったいない!!
あなたは
「いつ辞めるかわからない社員」へ「勤務時間内」に「タダ」で
「独立した時に非常に効果的なスキル」を教えようとしているのですよ。

遠隔地のカメラからインターネットを通して画像を見ることができます。
建物の内部のみであれば、インターネット回線不要。LANケーブルを使って建物内ネットワークに
接続できれば、複数のパソコンから確認することが出来ます。

機器代金・設定で¥50000円~(設置工事別 ※御社にて自由に可能)

今までに設置したお客様の主な目的をご紹介します。

・お客様向け(店内の紹介・混雑状況の確認など)
・駐車場(車上あらし、盗難抑制、いたずら防止など)
・学校:託児所・保育園・幼稚園・塾(保護者向けに)
・病院(患者の確認、看護師の確認)
・賃貸住宅(管理人・管理会社の効率化のために)
・店舗の万引き防止(録画用HDDシステムと合わせて設置)
・工場・店舗(社員・店員の監視(録画ソフトと連動))
・入退出管理(センサーメール設定) ※個人情報を管理・保管する会社に
・チェーン店が各店自由に閲覧できるようにし、店員の意識向上を計る
・個人宅内(老人・介護者・子ども・ペットの見守り、単身赴任のお父様のために)
・個人宅外(不在時・在宅時の来訪者確認、空き巣の防止、)

カメラ導入時の注意点

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0001816096.shtml
防犯カメラの設置急増 県、運用指針パンフに 
 
街角に増設される防犯カメラ=神戸市中央区(撮影・笠原次郎)
 
 不特定多数の人が利用する駅や公園、商店街などで、防犯カメラの設置が急増している。店舗内など公共スペース以外を含めると、兵庫県内では昨年一年間で約千九百台が新設された。一方、プライバシー保護の問題が浮上しており、県は設置者向けに映像の管理方法などを示したパンフレットを作成し、配布を始めた。

 県警生活安全企画課によると昨年末、県内の公共施設に設置されている防犯カメラは八十五カ所、八百二十台。統計を取り始めた二〇〇六年四月は三十八カ所、五百四十四台だったため、約一年半で倍増した。路上やコンビニ内などを含むと、昨年は約千九百台が増設されたという。

 防犯カメラは犯罪の抑止につながる上、事件解決に一役買うケースもある。しかし、気付かないうちに撮影されることで、プライバシー保護の観点から異論も根強い。

 そこで、県は三月、カメラ設置者に対して、適正に運用するための方法や配慮などをまとめたパンフレットを作成。設置の趣旨や設置者の連絡先を表示する▽運用責任者や取扱者を指定する▽映像の加工や不必要な複写はしない-など注意点を示し、県地域安全課で配布している。

 県警によると、映像の取り扱いについてこれまで問題は起きていないといい「適正に使用して安全なまちづくりに役立ててほしい」としている。(斉藤絵美)

カメラを設置することに消極的な経営者が多いですが、性善説・性悪説という考えではなく、企業・お店としてのリスクマネージメント(危機管理対策)としてコスト以上の効果が期待できますので、スタッフには普段以上の行動が必要ない事を周知し、理解をもって導入される事をオススメいたします。

更新をしていないWEBサイトは生鮮売り場に採れたての魚が無いのと同じです。

 

定期的・継続的な更新によって、会社の「今」を知らせること。

検索順位のUPや閲覧数を増やすために、一番有効な手段になります。

 

SEO対策としてお金を払って見せ掛けの順位を上げるより、内容を充実しお客様から信頼されるWEBサイトを構築してください。

飲食店向け無線オーダーリングシステム 「厨房へオーダー」 「オーダーステーション」のエスパー株式会社と提携し、関西地方の販売・サポートをおこなっております。

安価で汎用性があり、使いやすいシステムとして多くの企業・店舗に取り入れられています。

決算前の節税対策に導入したが、使い勝手が良くて続けて数店舗導入されたお客様もいらっしゃいます。

エスパー株式会社と一緒にデモ機持参で環境確認と試用をして頂くことも可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

パソコンのハードディスク(HDD)は回転する円盤です。そして消耗品なのです。ですのでいつかは壊れます。壊れたときにデーターがバックアップされていなければ・・・。

大切な文書も家族の写真も、音楽や動画のデーターも全部吹き飛んでしまったら・・・。

 

3年を超えたPCは要注意!でも購入してすぐのPCであっても、落下や振動・落雷などで壊れてしまう事だってあります。

事前にバックアップの方法を考え、できるだけ簡単な方法で実践することと、バックアップされたデーターの保存方法を考えることが大切です。

私共は地域密着のサポート業者として、以下の点を心がけております。

●個人のお客様には地域密着で長くお付き合いできるよう勤めます。

中々身内(お子様など)には気軽に聞けない、「ちょっとした事」ってありますよね。
そんな時、私共にお手伝いさせてください。

例えば月額3150円から(神戸市内)で毎月1回定期的に訪問して、いろいろな質問を
お聞きする定期訪問契約もございます。
(IT機器なら何でもOK! 最近はパソコンだけではなく、HDDレコーダーやDVD、液晶TVなども
インターネットに繋ぐ事ができたりしますので、無線LANでワイヤレスネットワークを構築し、
家庭内のLAN環境をトータルで快適にする事が出来ます。 長くお付き合い頂いているお客様
からはリフォーム会社の紹介やおいしいお店の案内、身の上相談までされる事も・・・)

本契約を頂いているお客様は電話でのご相談も受け付けております。

※電話相談はお客様のご利用環境や操作の癖などを深く知る事により初めて可能となります。
  面識の無い方や数度お伺いした事のあるお客様に電話サポートをした場合、症状を悪化する
  可能性がありますので、申し訳ございませんがお請けすることができません。
  何故なら症状が出る原因となった操作やどの部分を設定変更したのかが判らないまま
  他の部分の設定変更をしている場合があるからです。

●店舗や小規模な会社には、身の丈にあった低価格でコストメリットのある内容をご提案致します。

「WEBサイト(ホームページ)で販売がしたい」とご要望を受けることが多々あります。
が、インターネットを活用できていない方や一度もオンラインショッピングを経験した事がない方が
本当に簡単にオンラインで販売ができると思いますか?
球団所有の某大手オンラインショッピングモールなどでは、簡単にオンラインショップが持てると
言って、HTMLだのSEOだの難しく感じる「パソコン(特有)の知識」を教えようとします。
(もちろん有料です)
しかし、そんな事よりももっと重要な事があります。
お店をインターネットに公開するという事は、オンラインで全ての業務を処理できなければいけない
という事です。
メールのマナーは理解されていますか?
インターネットで必要な情報は直ぐ見つける事ができますか?
インターネットに繋がらなくなったら?プリンタが急に使えなくなったら?
自宅や旅行先で、業務に必要な処理をできますか?

どうでしょう?オンラインショップを出す前に、やらなければいけない事はまだまだありそうですよ。

といっても、私はパソコンについて勉強して欲しいとは思っていません。
パソコンの内部の事やプログラムソース、技術動向等は私共専門家に任せてしまって良いのです。
ホームページの作り方を勉強するより、ユーザーとしての「快適な利用方法」を知ってください。
そして、商品や売り手の魅せ方・売り方に力を注いでください。そうすれば必ず成功します。

先ずはインターネットを楽しむ事。インターネットを活用する事。そこから始めてみませんか?

私共が定期的にご依頼を頂いているお客様の中に、月商1000万を超えておられるショップも
ありますが、責任者の方もスタッフの方もインターネットを日常的に活用されていらっしゃいます。

ツール(インターネット)を使いこなす事によって様々なアイデアが生まれると思います。
私共にそのお手伝いをさせて頂ければ、嬉しく思います。

がんばろう!神戸

Powered by Movable Type 4.25
インターネット安全教室

このコンテンツについて

このページには、過去に書かれた記事のうち提供サービスカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは会社案内です。

最近のコンテンツはTopページで見られます。過去に書かれたものはここで見られます。